ニュース

コカ・コーラのレシピ金庫とは?作り方は2人しか知らない?起源とは?

今回はコカ・コーラについてみていきます。

コーラを今まで一度も飲んだ事はないという方は中々いないんじゃないでしょうか。

僕自身、東南アジア〜アフリカまでフラフラ旅に出た事はありますが、どこの国に行ってもコーラはありました。

綺麗な水はなくてもコーラはあったんですよね笑

コカ・コーラのレシピの金庫の場所とは?
2人しか知らない作り方とは?
コカ・コーラの起源はどこから?

色々と調べてみました。

それではみていきましょう。

コカ・コーラのレシピ金庫とは?作り方は2人しか知らない?起源とは?

コカ・コーラのレシピの金庫の場所とは?

コカ・コーラの本社であるアトランタにある
「ワールド オブ コカ・コーラ」内にある巨大金庫の中に厳重に保管されています。

2011年までは信用金庫内で保管されていました。

現在は全てが電子化されている時代です。

ここまで歴史がありデータ流出のリスクを考えると
ペーパーで残しておく方がリスクが少ないのかもしれませんね。

コカ・コーラのレシピ・作り方は2人しか知らない

コカ・コーラのレシピは社長と副社長の2人しか知らないという伝説があります。

しかし、調べてみてもそれも都市伝説みたいなもので
社長、副社長ともレシピは知らないそうです。

当然、他の従業員や役職者も皆知らないとの事。

コカコーラの起源とは

コカ・コーラにはもともとコカインを含むコカの葉が使われており、当時は健康的な効能のほか、モルヒネやアヘン中毒の治療にも使えるとされていました。

コカ・コーラのコカはコカインのコカ

コカ・コーラは薬剤師のジョン・ペンバートン博士が発明したもの。

ジョン・ペンバートン博士は19歳という若さで薬学の学位を取得し地元の新聞では「アトランタが生んだ最も著名な薬剤師の1人」と伝えられていました。

当時(1886年)のコーラを再現した動画もあります。

理科の実験を思い出しました。
正直、あまり飲む気にはなれないです笑

スポンサードリンク

コカ・コーラのレシピ金庫とは?作り方は2人しか知らない?起源とは?まとめ

いかがだったでしょうか。

薬剤師によって発明されたのが意外でしたし、コカコーラのネーミングの起源も驚きでした。

コカ・コーラは身体によくないなど賛否両論はあるかとは思いますが、「125年以上もファンがいて、アートやファッション、音楽、スポーツなど色々なカルチャーに影響を与えている」ということ自体が偉業だと思います。

普段はあまり飲まないですが、記事を書いていると飲みたくなるものです…笑