やる気

【やる気が出ない・寝てばっかり・だるい・眠たい】原因と9つの対処法とは?

ヤマケン
ヤマケン
こんにちは、ヤマケンです。やらないといけないのはわかってはいるけど、やる気が出ない、だるい、眠たい、寝てばっかりなんてことない?

メンタルくん
メンタルくん
それでも二度寝、三度寝を繰り返して…
「自分はなんて愚かで弱い人間なんだ。」と責めちゃいます。

ヤマケン
ヤマケン
仕事や資格の勉強、副業、運動、家事など様々な場面で出てくる問題だよね

メンタルくん
メンタルくん
行動する事が大事。わかってはいるんですが・・・

ヤマケン
ヤマケン
成果を出しているトップアスリートや経営者は、最新の心理学や脳科学を取り入れて問題解決してるんだって。

メンタルくん
メンタルくん
ぜひ、知りたいです。

ヤマケン
ヤマケン
僕も今まで1000冊ぐらいは読書してきて、心理学や脳科学の分野も色々と読んできたから解説していくね。
まずは「ヤル気が出ない・寝てばっかり、だるい、眠たい」の原因からみていこう。

【やる気が出ない・寝てばっかり・だるい・眠たい】原因とは?

【やる気が出ない・寝てばっかり・だるい・眠たい】のような原因は大きく分けると以下の3つの疲れが原因ではないでしょうか。

・身体的な疲れ
・精神的な疲れ
・脳の疲れ

身体的な疲れが原因

睡眠不足

現代人の多くが睡眠不足と言われています。

世界の比較調査でも主要国29カ国の中では2番目に睡眠時間が短いということも分かっています。日本は世界的に見て「睡眠不足の国」なんですね。

ちなみに世界1位の睡眠不足の国は韓国。

睡眠不足は、食欲を高め、肥満の原因にもなり、動脈硬化、心臓病や脳卒中を発症する危険性も高めます。

他にも睡眠不足が原因でうつ病などの精神疾患になりやすいと言われています。

栄養不足

何も考えずに、欲求のままに食べてしまったり、無理なダイエットで栄養が偏ったり、ファストフードばかり食べる。

そうすることで、タンパク質やビタミンやミネラルといった栄養が不足し栄養失調になる方が増えています。

運動不足

運動不足だと生活習慣病のリスクを高めます。

生活習慣病』と言ってもさまざまな種類があり、動脈硬化、高血圧、心臓病など、特に血液に関する病気が多くなります。

慢性的な運動不足は血行を悪くし、体の中に老廃物がたまって疲れやストレスを感じやすくなり、この状態が長く続くことで生活習慣病のリスクも徐々に高まっていきます。

加えて運動不足はうつ病や精神疾患のリスクも高めます。

精神的な疲れが原因

一言でいうと『ストレス』です。

例えば

職場でのストレス

・上司、部下、同僚との人間関係
・厳しいノルマや目標
・無駄に長い残業や会議
・満員電車での通勤

家庭内でのストレス

・夫、妻、子供とのコミュニケーション
・漠然とした将来の不安
・近隣との人間関係
・お金がない不安

ストレスがたまりすぎると不眠症や摂食障害、うつ病などの精神疾患にかかる可能性が増えたり、暴飲暴食に走ったりする原因になります。

脳の疲れが原因

現代は物も情報も溢れていて、脳がその状況について行けずに疲れている場合があります。

脳は筋肉でできているので、筋肉を使いすぎると筋肉痛や筋疲労を起こすように、様々な指令を出している脳も疲れます。

・仕事場の机の上が書類で山積み
・大量に溜まったメール
・やらなければいけないタスクが大量にある
・長時間のデスクワーク
・スマホの使用時間の長さ

以上やる気が出ない3つの原因でした。

あなたがヤル気が出ない、寝てばっかり、だるい、眠たいといった原因は上記のことかもしれません。

スポンサードリンク

【やる気が出ない・寝てばっかり・だるい・眠たい】対処法とは?

次に対処法をみていきましょう。

⒈睡眠・栄養・運動不足を補う

・睡眠不足
・栄養不足
・運動不足

まずは上記3つに該当する方は不足を補いましょう。

「そんなのわかってるよ」と言われそうですが、まずは自分自身で気づいてほんの少しでも行動を変えていくことが大切です。

睡眠不足

もちろん十分な睡眠をとるのが1番ですが、睡眠の質をあげてみるのも1つの方法です。

例えば

・就寝の10分前はパソコンやスマホをやめてみる
・アロマの香りを焚いてみる
・寝る前やお風呂の後にに5分だけストレッチをしてから寝る
・ヒーリング音楽をかけて寝る
・自分に合った枕や布団に変えてみる

栄養不足

外食やファストフード、レトルトなどの加工食品はどうしても糖質や脂肪分が多くなりタンパク質やビタミン、ミネラルが不足しがちです。

コンビニやスーパーで何かを買う場合、1品でもそういった商品を選べるといいですよね。

例えば

コンビニの場合

・バナナ

・アーモンド、カシューナッツ、クルミなどのナッツ類(塩分・油分なしがベスト)

・ゆで卵(意外に塩味が効いていて美味しい)

・チキンサラダ

スーパーの場合

・食品売り場の周りから買い物する(肉、魚、野菜、果物など生鮮食品が多いため)

・食品売り場の真ん中は加工食品が多くなるので注意(カップラーメンや缶詰などインスタント食品が多いため)

 

運動不足

・通勤する時や歩く時は早歩き

・電車を待っている時に姿勢を正してみる(正しい姿勢でもインナーマッスルが鍛えられます)

・簡単なラジオ体操レベルから初めてみる(真剣にやると意外に疲れます)

・思い切ってジムに入会(人間は環境に流される生き物です)

以下に詳しく運動するメリットを書きますね。

⒉運動する

運動は身体にはいい。それは皆さんご存知だと思います。

運動メリットはたくさんありますが、その中でも一番のメリットはホルモンの分泌です。

トレーニングの種類や強度によりホルモンの種類や量は変化しますが、いくつかご紹介します。

【成長ホルモン】 

若返りのホルモンと言われています。

成長ホルモンは筋肉をつけたり体脂肪を燃焼させる働きがあります。

年を重ねる事に成長ホルモンの分泌が少なくなります。
成長ホルモンの分泌が少なくなるとやる気が低下したりイライラしやすくなるなど、メンタル面にも影響を及ぼす場合があります。

【テストステロン】

モテるホルモンと言われています。
主に男性に関係のあるホルモンですね。

やる気や意欲の源 若々しい人、仕事ができる人 異性からモテる人はテストステロンが高い傾向にあります。

【セロトニン】 

幸せのホルモンと言われています。

不安や鬱屈した気持ちが強くなり、イライラして怒りの感情が大きくなることが知られています。

リズム運動で分泌されるホルモンなので、ウォーキングやランニング、ダンスなどで分泌されやすいホルモンですね。

【ドーパミン】 

快感のホルモンと言われています。

実はドーパミンはコカインを使うと出てくるのと同じ物質です。

コカインと聞くと、拒否反応がでるかもしれませんが、そもそも人間は快感がある行動します。

なので人間の意欲、やる気に深くかかわっているホルモンです。

ドーパミンは分泌されればされるほど意欲が上がり、成果を出そうとするので、どんどん行動的になれるホルモンなんですね。

運動をして、様々なホルモンを分泌し、ぜひやる気に繋げてください。

⇨自宅でもできるストレッチや筋トレの方法はこちら

⒊マイナス面を取り除く

まずは思いつくままとにかく書き出してみる。

〇〇に対して腹が立つと思ったら、思ったままの言葉をそのままノートに〇〇に対して腹が立つと書きます。

この方法を
『エクスプレッシブ・ライティング』と言います。

パソコンで打ち込むのもいいですが、両方実践してみるとノートに書き出した方が効果が大きいように感じました。

詳しく知りたい方はこちらをクリックして下さい。

メンタリストDaiGoさんが解説しています。

⒋やりたいことをやってみる

将来のためにこれをやらないといけない。
〜しなければない。

そんな事はたまに脇へ置いて、自分の思いつくままにやりたいことをやって見ればいいと思います。

・寝る、食べる、異性と思い切り遊ぶ。とにかく欲を満たしてみる

・思いっきりサボってしまう

・今までやりたかった趣味をやってみる。
(スカイダイビング、ヨガ、釣り、陶芸、英会話、カメラ、ペットを飼うetc)

・やりたい仕事をするために転職

※転職のハードルが高い方は、クラウドワークスを利用したり副業やアルバイトのような事から始めてみるのもいいかもしれません。

⒌目的の明確化

書き出してみる

なぜそれを行っているのか明確になってない場合がほとんどです。

・なぜ、今の仕事をしているのか
・将来はどうなりたいのか
・将来と今はどのように繋がっているのか
・繋がっていないのなら繋がるような学びはないのか

とにかく最初は思いつくままに
書き出してみるのがオススメです。

全くやりたい事が思いつかない場合

本屋に行ってみる

大型の本屋さんに行ってみるのもいいですね。

気のおもむくままに色んなコーナーを歩いてみて、自分がどんな分野に興味があるのかアンテナを立てて探して行きます。

商店街を歩いてみる

商店街を歩いてみるのはどうでしょうか。

商店街を歩きながら仕事に目を向けてみます。

飲食店や服屋、クリーニング店、カバン屋、英会話スクール、フィットネスジム、脇をみるとマンションの工事がされていたり、介護施設などあったりします。

そしてその人たちがどんな仕事しているのか。
自分が働いたらどんな気持ちになるのかイメージしてみます。

「こんな仕事は絶対いやだ」
「この仕事だったらできそう」
「黙々と作業する方がいい」
「人と話す仕事の方がいいな」
「この業界だったら興味を持てる」
など色々な発見があります。

大事なことは行動しながら自問自答してみることです。

⒍まずは目の前のことをやってみる

まずは目の前の事に集中してみる。行動してみる。

皆さんもこんな経験はないでしょうか。

・朝、仕事に行く前はあんなに気分が乗らなかったのに、仕事が終わってみると気持ちが晴れている。

・夕飯後の皿洗いが嫌でしょうがないが、やりだすと意外にスイスイ作業がはかどった。

・運動前は、「今日は身体がしんどいし、やめとこうかない。」と思っていたけど、運動後はスッキリ爽やか爽快。「今日も頑張ってよかった〜。さっきまでの憂うつはなんだったんだ」

なんていう経験はないでしょうか。

まずは、目の前の机を片付けてみる。まずはパソコンを開いてみる。運動する服に着替えてみる。

慣性の法則で、0から1にするのが大変ですが、1から10にするには割とすんなり進むものです。

まずは誰でもできるような小さい事から始めてみるのが重要です。

⒎非日常を味わう

映画やミュージカル、ユーチューブをみる。音楽を聞く。カラオケにいく。海や山にいく。

今までやった事ない習い事を体験にいく。行った事ない場所へ行ってみる。

極端な事を言えば、仕事の帰り道を少し変えて寄り道しながら遠回りで帰るでもいいと思います。

普段行なっているルーチンを変えてみる。普段の日常と違つ事をしてみると気分転換になります。

⒏環境を変えてみる

大前研一さんの経歴
・経営コンサルタント
・元マッキンゼー・日本支社長
・カリフォルニア大学ロサンゼルス校公共政策大学院教授
・スタンフォード大学経営大学院客員教授

あなた自身が今いる環境を変えてみるのも1つの方法かもしれません。

⒐そもそもやる気は必要ない?

「ん?どういうこと?やる気はいるでしょ」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

脳科学者・茂木健一郎さんのブログです。

10年かけて実現する「夢」があるとする。夢を抱いたその出発点は、感動があったり、意外な出会いがあったりするのかもしれないけれども、そのあとの10年間は、基本的に日常の連続であるはずである。

毎朝起きて、今日もまた淡々と作業をする。その過程で、「やる気」という、特別なものは必要ない。むしろ、常に、「今、ここ」に没入して目の前のことをこなしていくのであって、それ以上でも、それ以下でもない。

何かに取り組んだり、行動したりするのに「やる気」は必要ない。そう気づけば、ずいぶん気が楽になるだろう。また、「やる気」がないことをを言い訳にして何もしないでいる自分にサヨナラできるだろう。「やる気」は必要ない。さあ、今日も、「やる気」など関係なく、目の前のことに取り組みましょう。

引用:茂木健一郎オフィシャルブログ

『やる気』とう言葉にとらわれず、やる気については考えないというのも1つかもしれませんね。

【やる気が出ない・寝てばっかり・だるい・眠たい】原因と9つの対処法とは?まとめ

いかがだったでしょうか。

原因や対処法は人それぞれで全く違います。

原因が複数あったり、対処法もこれは合うけど、こっちは合わないなんてこともあるかと思います。

大事な事はとりあえず何でもいいのでやってみることです。

合わなければ、すぐに辞めてしまってもいいと思います。

『同じ行動をして違つ結果を求めることは愚かだ』という言葉があるように、何かを変えようとすると何か行動を変えるしかありません。

この記事があなたの何かの一歩につながれば最高に嬉しいです。

最後までご覧いただき有難うございました!