eスポーツ

eスポーツのオリンピック採用はいつから?反対?課題や問題は?わかりやすく説明!

ヤマケン
ヤマケン
こんにちは、ヤマケンです。今日はeスポーツについて書いていくよ。

メンタルくん
メンタルくん
eスポーツって何ですか?

ヤマケン
ヤマケン
一言で言ってしまえば対戦ゲーム!

メンタルくん
メンタルくん
ゲームがオリンピックの種目になるですか?

ヤマケン
ヤマケン
どうなるんやろね。オリンピック種目としていつからはじまるのか。課題も色々あるみたい。

メンタルくん
メンタルくん
なかなかイメージしづらいです…

ヤマケン
ヤマケン
そりゃそうやんね。eスポーツのことをもう少し詳しく説明していくね。

eスポーツのオリンピック採用はいつから?反対?課題や問題は?わかりやすく説明!

色々と調べてみました。

それではみていきましょう!

eスポーツのオリンピック採用はいつから?反対?課題や問題は?わかりやすく説明!

eスポーツのオリンピック採用はいつから?

・東京オリンピックは正式採用にならず

・次回の2024年のパリ五輪で正式にオリンピック競技になることを検討中

※ただ現在のところは正式採用は難しいとの見通しです。

「競技者」「観戦者」人口では、すでに野球の規模は上回っているといわれているほど飛躍的に伸びています。

eスポーツがオリンピック採用は反対?課題や問題は?

オリンピックの正式種目になるには3つ課題と問題があります。

・著作権の問題

・永続性がない

・教育上の問題

著作権の問題

eスポーツはゲームを製作した企業が著作権を持っています。

オリンピック委員会でゲームを作ろうという動きがあるみたいですが、
実際のところ作ったゲームに人気が出るのかが課題です。

永続性がない

テレビゲームは廃れるのが早い。

例えば

ある子がゲームでオリンピックに出場しようと懸命に練習していたとします。
技術もレベルもどんどん上がり、数年後にはオリンピックに出場できるレベルまでになった。

でも、その頃にはその競技は全く人気がなくなっていた。

なんてことが十分に起こりうる可能性が考えられます。

教育上の問題

ゲームの中毒性

子供がゲームに熱中しすぎて、日常の生活にも支障が出てしまうゲーム依存症やゲーム障害といったことも社会問題になっています。

中には暴力性の強いものもありますので、子供の憧れの舞台になるオリンピックで、正式種目にするのはどうなのと疑問視されています。

現在のeスポーツをわかりやすく説明!

「eスポーツ(esports)」とは?

eスポーツとはエレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)の略。

電子機器を使う娯楽や競技、スポーツのこと。

コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

メンタルくん
メンタルくん
昔よくやった。ぷよぷよとかストリートファイターとそう言ったものですか?

ヤマケン
ヤマケン
そう言うこと!

今、世界中で広がりをみせ、市場は1000億に達していて、これからさらに伸びていくと言われています。

・2003年:中国国家体育総局がeスポーツを99番目の正式体育種目に指定

・2018年:一般社団法人日本eスポーツ連合を設立

世界の競技人口は1億人以上
競技人口以外の観戦者や視聴者は約4億人とも言われています。

賞金に関しても1つの大会で総額26億円の賞金が支払われています。

2018年の平昌冬季五輪では、開幕直前に現地でeスポーツの世界大会「インテル・エクストリーム・マスターズ」を開催されました。

実際の平昌冬季五輪で映像ではありませんが、こんな雰囲気だったんでしょうね。

スポンサードリンク

eスポーツのオリンピック採用はいつから?反対?課題や問題は?わかりやすく説明!まとめ

ヤマケン
ヤマケン
どうやった?eスポーツは少しは理解できた?

メンタルくん
メンタルくん
何となくですが…

ヤマケン
ヤマケン
賞金総額26億円はビックリやわ。しかもこれからどんどん伸びていくのは目に見えてるしね。うちの子がeスポーツでオリンピック選手になるって言い出したらどうしようかな笑

メンタルくん
メンタルくん
目指したい!っていう意欲は大事じゃないですか。僕はやりませんけど…

現実世界でまずはメンタルを何とかします…

ヤマケン
ヤマケン
その意欲が大切!笑