スポーツ

朝倉兄弟はどっちが強い?元プロ格闘家の目線で予想!

ヤマケン
ヤマケン
大晦日の格闘技は盛り上がったね。

井岡選手は勝ったし、RIZINも面白かった。

メンタルくん
メンタルくん
格闘技なんてよくやります。僕には考えられません。戦うみなさんを尊敬します。

たしか、ヤマケンさんもプロの格闘家だったんですよね…

ヤマケン
ヤマケン
実はそうやねん。
後楽園ホールとか金網で戦ったりしてたわ。
今思えば、よくやってたと思うね。

今回は、朝倉兄弟はどっちが強いのか、元プロ格闘家の目線で勝手に予想してみます。

朝倉兄弟はどっちが強い?元プロ格闘家の目線で解説!

実際に兄弟の路上でスパーリングをしています。

この時、朝倉海選手は初めてグローブをつけて闘ったとのこと。

パンチや蹴りをよけるセンスが抜群です!

では現在、実際に闘った場合、どっちが強いのでしょうか。

結論:兄・朝倉未来選手

将来はどうなるかわかりませんが、現在、実際に試合をすると兄の朝倉未来選手が勝つと予想します。

理由は以下の3点です。

・階級が違う
・ディフェンス力
・サウスポーとオーソドックス

階級が違う

兄・朝倉未来選手はフェザー級(65.8㎏)

弟・朝倉海選手はバンタム級(61.2㎏)

約5キロ近く差があります。

打撃編

格闘技において、体重というのはとても重要で階級が1つ違うと組んだ時の相手の圧力やパンチや蹴りの威力、相手の打たれ強さが全く変わってきます。

まずは打撃においての違いはどのように変わってくるのでしょうか。

ボクシングの1階級の違いは軽量級で1.3㎏ほど。中量級でも2.7kgほどです。

プロボクシング(男子)
  階級 体重[lb](ポンド) 体重[kg]
1 ミニマム級 105以下 47.62以下
2 ライトフライ級 108以下 48.97以下
3 フライ級 112以下 50.80以下
4 スーパーフライ級 115以下 52.16以下
5 バンタム級 118以下 53.52以下
6 スーパーバンタム級 122以下 55.34以下
7 フェザー級 126以下 57.15以下
8 スーパーフェザー級 130以下 58.97以下
9 ライト級 135以下 61.23以下
10 スーパーライト級 140以下 63.50以下
11 ウエルター級 147以下 66.68以下
12 スーパーウエルター級 154以下 69.85以下
13 ミドル級 160以下 72.57以下
14 スーパーミドル級 168以下 76.20以下
15 ライトヘビー級 175以下 79.38以下
16 クルーザー級 200以下 90.72以下
17 ヘビー級 200超 90.72超

以前、行われた井上尚弥選手とノニトドネア選手の試合をみられた方は身体の大きさの違いがわかるのではないでしょうか。

試合をみてみると、打たれ強さが全く変わってきています。

今まで、早いラウンドで倒していた井上尚弥選手のパンチもドネア選手は倒れません。もちろん、ドネア選手のパンチの受けても力を逃す技術も高いとは思いますが、身体の大きさの違いの関係も大いにあります。

井上尚弥選手も闘いながら、パンチの手応えがあっても「なかなか効かないな」と思った部分もあったと思います。

そして、身体の大きさが違うとパンチの威力も変わってくるので、今までフラついたことがなかった井上尚弥選手も中盤あたりでパンチが効いて少し危ないシーンもありましたよね。

このように打撃においては、階級が違ってくると威力と打たれ強さが大きく変わります。

ボクシングでは体重の違いは1〜2kgですが、総合格闘技では5kgなのでさらに違いが想像できるのではないでしょうか。

打撃で5kg以上変わるとどれほど違うのか。
2018年の那須川天心vsメイウェザーが参考になります。

本当に危ない倒れ方でしたし、改めて階級の違いの恐ろしさをみた試合でした。

組み技編

体重が違うと組んだ時の圧力が全く変わってくるんですね。
そして、寝てしまった時の体重が重い人をコントロールするのはなおさら大変です。

参考に以下の動画を添付しておきます。

総合格闘技でも世界を取り、柔術の世界選手権でも優勝している選手が、少し柔術をかじった180kgの素人に負けてしまいます。

この場合は体重差が3倍も違うので、参考程度にしかならないとは思いますが、ここでお伝えしたいのが、体重というのは、それだけで武器になりアドバンテージになるということです。

ディフェンス能力の差

2019年の大晦日の試合が1番わかりやすかったのではないでしょうか。

兄・朝倉未来選手vsジョン・マカパ

 

弟・朝倉海選手vsマネル・ケイプ

 

海外選手と日本人選手の大きな違いは2点

・パンチの伸びがある
・打たれ強い

というのがあります。

兄・朝倉未来選手は海外選手の打撃のパンチの伸びに上手く対処しているのに対して、
弟・朝倉海選手はまだ被弾している部分もあり、ディフェンスの能力においては兄・朝倉未来選手の方に分があると思います。

トップクラスになると一発のパンチが試合の流れを変えますし、命取りになります。
世界で勝つためにはもちろん腰の強さ、パンチの破壊力、テイクダウン能力、寝技の対処など色んな要素が必要になりますが、世界のレベルで勝ち続けるにはディフェンス能力の高さは必須の要素です。

グスタボ選手の試合も兄・朝倉未来選手のディフェンス能力の高さをみた試合でした。

兄・朝倉未来選手vsグスタボ

矢地選手や上迫選手もグスタボ選手の外国人独特の打撃にやられましたが、見事に対応した試合でした。

サウスポーとオーソドックス

基本的に格闘家の数でいうと圧倒的にオーソドックス(右構え)の人の方が多いです。

なので、練習や試合でもサウスポーの人と対戦することは少なくなります。

当然、兄・朝倉未来選手はオーソドックス(右構え)の選手と戦うことになれています。

最近でサウスポーと戦っているのは矢地選手とダウトベック選手くらいでしょうか。

一方で

弟・朝倉海選手はサウスポーの選手と戦ったのは最近では佐々木憂流迦選手くらいです。

1番重要なポイントは弟・朝倉海選手はサウスポーのパンチをもらいやすい点です。

大晦日のマネル・ケイプ選手の試合でもサウスポーに構えた際の左ストレートをだいぶ被弾していますし、佐々木憂流迦選手の試合でも、試合内容としては圧倒していますが、サウスポー特有のいきなりの左ストレートをもらっています。

弟・朝倉海選手vs佐々木憂流迦

弟・朝倉海選手vsムン・ジェフン

最後は左フックでKO負け。

左をもらいやすいのはサウスポーと戦う際に致命的になります。

試合をみていると朝倉海選手は、サウスポーは得意ではないです。

兄・朝倉未来選手はオーソドックスの選手との試合になれている。
弟・朝倉海選手はサウスポーが得意ではない。

このことからも兄・朝倉未来選手にアドバンテージがあるとみています。

スポンサードリンク

朝倉兄弟はどっちが強い?元プロ格闘家の目線で予想!まとめ

以上の点から

実際に戦った場合は

弟・朝倉海選手の打撃を上手くかわしながら、
兄・朝倉未来選手が左を当てて判定勝ち

または

体重差を生かして兄・未来選手が打撃を当てつつ組みを上手く使いながら、寝技でコントロールして圧倒する。

以上を予想します。

メンタルくん
メンタルくん
いつもより少しマジメ記事で少し見る目が変わりました。

ヤマケン
ヤマケン
おう。

なんて返せばいいかよくわからんけど笑

有難う!