スポーツ

那須川天心の所属ジムは帝拳?階級やいつデビューするのかを予想!

ボクシンググローブがリングの上に転がっている

2021年4月10日の『炎の体育会TV』でボクシングの転向を発表した那須川天心選手。

那須川天心の所属ジムや階級、いつデビューするのかなど気になることが満載です!

那須川天心の所属ジムは帝拳ジムや大橋ジムが有力とも言われています。帝拳ジムとは小学校の頃から繋がりがあったという噂も…

階級はあの大物がいる階級?いつデビューして、タイトル獲得までは最短スピードで計画しているんでしょうか。

世間は誰との対戦を楽しみにしているんでしょうか。

那須川天心の所属ジムは帝拳なのか、階級やデビュー予定までを徹底調査!

それではみていきましょう!

那須川天心の所属ジムは帝拳?階級やいつデビューするのかを予想!

いつデビューする?

2022年3月にキックボクシングの引退を表明しているので、2022年の夏頃のデビューを予想します。

まずは、日本で試合をするためには日本ボクシングコミッション(JBC)が発行するプロライセンスを取得する必要があります。

プロライセンスはの試験は不定期。

2019年は東京で年9回開催されています。ただコロナの状況で、もう少し少なくなる可能性はありますよね。

ライセンスはC級とB級があります。実績があるアマチュア選手はB級からデビューすることが多いです。

・C級ライセンス=4回戦(4Rの試合をするボクサー)

・B級ライセンス=6回戦(6Rの試合をするボクサー)

【過去にB級からデビューした選手】

・井上尚弥選手
・村田諒太選手
・武居由樹選手(元K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者)
・藤本京太郎選手(元K-1日本ヘビー級王者)

天津選手はB級ライセンスを取得する可能性が高いですね。

所属ジムは帝拳が有力?

所属するジムは帝拳ジムではないでしょうか。

2017年の時点ですでに帝拳ジムで練習していたんですね。

SNSでアップしている練習場所も帝拳ジムですし、ボクシングで世界を取るにはジムの資金力やコネクションが重要になってきます。

資金力、コネクションが強いのは、大橋ジムと帝拳ジム。

特に帝拳ジムは海外とのコネクションも強く、マッチメーカーとして有名です。

村田諒太選手が昔の夢「オリンピックで金メダルを取り、ラスベガスで試合をする」を実現するために選んだ所属先は帝拳ジム

帝拳ジムの所属で、元WBC世界スーパーバンタム級王者の西岡利晃さんとの写真も!

この時からボクシングの転向、帝拳ジムの所属は決まっていた?w

現在の練習環境や過去の経緯からみても、帝拳ジムで間違いないのではないでしょうか。

階級は?

気になる那須川天心ですが、スーパーバンタム級(55.3kg)ではないでしょうか。

2021年2月28日の志朗戦で55kgで戦っています。天心選手もこの体重がもっとも適正な体重ということを話していました。

まずは、適正体重で戦い、徐々に体重を上げて、3階級制覇、4階級制覇を達成してほしいですね。

ちなみに元K―1王者の武居由樹選手も、大橋ジムから54.5kgでボクシングデビューを果たしています。

早いうちのキックボクサー王者対決も考えられますね。

世間の声

井上尚弥選手や武居由樹選手との闘いを期待するファンの声は多いですね。

スポンサードリンク

那須川天心の所属ジムは帝拳?階級やいつデビューするのかを予想!まとめ

那須川天心選手の所属ジムや階級、デビューするのがいつなのか予想していきましたが、いかがだったでしょうか。

  • デビューする時期は2022年の夏頃に6回戦でデビュー
  • 所属ジムは帝拳ジム
  • 帝拳ジムとは小学生の頃からコネクションあり
  • デビューする階級はスーパーバンタム級(55.3kg)

似たような体重に武居由樹選手、井上尚弥選手もいます。

年齢的にもまだまだ経験を積める年齢ですし、日本のボクシング界がまだまだ盛り上がるのは間違いなさそうですね。

転向する理由もカッコイイ天心選手!

活躍に期待しましょう!