スポーツ

柳北悠李の進路や大学は決まってる?経歴・出身中学・身長など調査!

2021年の春高バレーは初の無観客で行われました。

東福岡の決勝の相手は東京第一の代表・駿台学園。

静寂の場内の中、何度も雄叫びをあげ、これでもかというほどにスパイクを決める選手いました。

東福岡の柳北悠李選手!

最終的には両チーム最多の38得点をマークしました。

そんな柳北悠李選手の進路や大学はすでに決まっているのでしょうか。

名前やフォームが似ているのはあの有名選手!?

身長や経歴、今までの中学校時代からの活躍から最高到達点、誕生日、家族構成まで色々と調べてみました。

それではみていきましょう。

柳北悠李の進路や大学は決定?経歴・出身中学・身長・最高到達点を調査!

柳北悠李のプロフィール!誕生日や身長は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

4years.(@4years_media)がシェアした投稿

名前:柳北 悠李(やなきた ゆうり)
生年月日:2002年9月20日
出身:福岡県北九州市
身長:192㎝
ポジション:ウィングスパイカー

柳北悠李の進路・大学

今のところ、発表されていません!

またわかり次第、追記していきます!

これから日本を背負っていく逸材なのは間違いないので大学のみならずVリーグのチームに所属することも十分に考えられます。

ただ、大学からVリーグに進む選手も多いので水町選手の早稲田大学や高橋藍選手の日体大あたりが有力ではないでしょうか。

※その後、東亜大学の進学が発表されました!

東亜大学

【住所】
〒751-8503
山口県下関市一の宮学園町2−1

東亜大学の男子バレーボール部は数多くのVリーグや日本代表選手を排出している強豪校。

最近のOBでは元日本代表チームのリベロ、井手智選手が有名です。

井手智選手は昨季まで東レアローズに所属していましたが、今シーズンはプロ選手としてドイツの「ユナイテッド・バレーズ・フランクフルト」でプレーすることが決まっています。

柳北悠李の経歴

小学5年生のときに『中井ジュニアボーイズ』でバレーを始めます。

中学の3年時に全国大会出場。

その後、福岡県選抜としてJOC全国都道府県対抗中学バレーに出場。

優勝はのがしたものの個人賞でJOC・JVAカップ、オリンピック有望選手を受賞しています。

高校時代は1年生の時から常に注目されている選手でした。

昨年はU-18日本代表にも選ばれ、第12回アジアユース選手権大会に出場。

優勝にも貢献し、世界大会の出場も果たしています。

柳北選手は東福岡の藤元聡一監督が「今までみてきた選手の中で1番の逸材」といわしめた逸材。

体重管理が課題で体重が100kg超えることもあったそうです。

栄養士の指導の元、炭水化物を制限し有酸素のトレーニングを増やし88kgで大会の当日を迎えました。

そして、念願の春高バレーで日本一の座を手にしました。

今や東福岡だけでなく高校バレー界の絶対的エースといっても過言ではないのでしょうか。

柳北悠李の出身小学校

北九州市立中原小学校

【住所】
〒804-0011
福岡県北九州市戸畑区中原西3丁目1−1

柳北悠李の出身中学

北九州市立板櫃(いたびつ)中学校

【住所】
〒803-0825
福岡県北九州市小倉北区白萩町8−1

柳北悠李の最高到達点

最高到達点は345㎝。

高校のトップクラス!

全国の高校生の中で3番手につけています!

親友の花村選手(東山)と同じ数字というのも何か縁を感じますね。

柳北悠李の家族構成

またわかり次第、追記していきます。

柳北悠李が似ているのはあの有名選手!

ソフトバンクの柳田選手や全日本男子バレー主将の柳田将洋(やなぎだ)と名前が似ていたり、フォームは石川祐希選手と似ていたり、何か持っている選手のニオイがしますね。

これからさらに将来が楽しみな選手ですね!

スポンサードリンク

柳北悠李の進路や大学は決定?経歴・出身中学・身長・最高到達点を調査!まとめ

・進路は未発表(早稲田、日体が有力か)

・藤元聡一監督が「今までみてきた選手の中で1番の逸材」といわしめる逸材

・北九州市立板櫃(いたびつ)中学校の出身

・身長192cm

・最高到達点は345cm

これからまだまだ伸びしろが十分な選手なだけに期待大!

日本のバレーボール界を背負って立つ日を待ちましょう!