スポーツ

選抜高校野球2022の展望!優勝予想・候補!注目選手は誰?

選抜高校野球がおこなわれる阪神甲子園球場

2021年の選抜高校野球は神宮大会では、期待の1年生が大活躍しましたが

春のセンバツでも話題になりそうですよね!

2022年は3月19日の開幕の選抜高校野球(春の甲子園)に向けて

準備がすすんでいるので、心待ちにしている人も多いでしょう。

センバツを制するのはいったいどこの高校なのか?展望が気になりますよね。

優勝旗を手にするのはどこの地区、どこの高校でしょうか。今年もプロ注目の選手が豊富ですが、その中でも注目の選手は?

今回は2022年の選抜高校野球の展望・優勝予想、優勝候補のチームを徹底分析、注目選手も調査!

ではさっそくみていきましょう!

選抜高校野球2022の展望!優勝予想・優勝候補!

机の上にWINの文字と野球ボール

出場校一覧

優勝候補を予想する前に、まずは有力候補校をみてみましょう。

(◎当確、△当落選、▲厳しい、※予想)

第94回選抜高校野球大会(有力候補校)
地区 学校名 都道府県 出場回数
北海道
(1枠)
◎クラーク記念国際 北海道 初出場
東北
(2枠)
◎花巻東 岩手 4年ぶり4回目
◎聖光学院 福島 4年ぶり6回目
関東・東京
(6枠)
◎明秀日立 茨城 4年ぶり2回目
◎山梨学院 山梨 2年ぶり5回目
◎木更津総合 千葉 6年ぶり4回目
◎浦和学院 埼玉 7年ぶり11回目
◎国学院久我山 東京 11年ぶり4回目
△二松学舎大付 東京 7年ぶり6回目
▲東海大相模 神奈川 3年連続13回目
東海
(2枠)
◎日大三島 静岡 38年ぶり2回目
◎聖隷クリストファー 静岡 初出場
北信越
(2枠)
◎敦賀気比 福井 2年連続9回目
◎星稜 石川 2年ぶり15回目
近畿
(6枠)
◎大阪桐蔭 大阪 3年連続13回目
◎和歌山東 和歌山 初出場
◎金光大阪 大阪 13年ぶり3回目
◎天理 奈良 3年連続26回目
△東洋大姫路 兵庫 14年ぶり8回目
△京都国際 京都 2年連続2回目
△近江 滋賀 4年ぶり6回目
▲市和歌山 和歌山 2年連続8回目
中国・四国
(5枠)
◎広陵 広島 3年ぶり25回目
◎広島商 広島 20年ぶり22回目
◎高知 高知 4年ぶり19回目
◎鳴門 徳島 9年ぶり9回目
△岡山学芸館 岡山 21年ぶり2回目
△倉敷工 岡山 13年ぶり11回目
△明徳義塾 高知 3年連続21回目
▲徳島商 徳島 19年ぶり20回目
九州
(4枠)
◎九州国際大付 福岡 11年ぶり3回目
◎大島 鹿児島 8年ぶり2回目
◎有田工 佐賀 初出場
◎長崎日大 長崎 23年ぶり3回目
21世紀枠
(4枠)
※久慈東 岩手
※塔南 京都
※倉吉総合産 鳥取
※大分舞鶴 大分
※小林秀峰 宮崎
※高田商 奈良

 

 

2022年は初出場の高校が結構ありますね。新鮮な展開になりそうです。

出場校32校(一般選考28校、21世紀枠3校、神宮大会枠1校)となっています。

そして、出場校は2022年1月28日に決定します

最新情報が分かり次第、更新しますね。

それでは今年の優勝予想・優勝候補をピックアップ。

2021年12月10日に、「21世紀枠」の候補校9校が発表されました!

2022年1月28日の選考委員会で候補校から3校が選ばれます。

・札幌国際情報(北海道)
・只見(福島)
・県太田(群馬)
・相可/おうか(三重)
・丹生/にゅう(福井)
・伊吹(滋賀)
・倉吉総合産(鳥取)
・大分舞鶴
・高松一(香川)

優勝予想・優勝候補

①大阪桐蔭(大阪)

昨年に続き、2022年は大阪桐蔭が優勝候補筆頭です

神宮大会でも圧巻の打撃力で初優勝しています。

全国でもトップクラスの好投手をそろえて層が厚いと言われています。

その中でも注目の選手は、1年生の左腕 前田 悠伍くん。

U-12日本代表で韓国打線を5回1安打無失点に抑え世界一に導いてから、更に成長し大注目の大型左腕として大阪桐蔭での活躍に期待です!

もう一人の注目選手は、2年生の別所 孝亮くん。

中学No.1投手として知られる147kmのストレートと変化球で打者を翻弄。 将来はサイ・ヤング賞も狙えると言われる逸材です!

個人個人の能力がトップクラス。チーム構成力、完成度も高い大阪桐蔭は最有力の優勝候補です。

②花巻東(岩手)

花巻東は、メディアでも注目の佐々木麟太郎くんついに神宮大会で全国初デビューしています。評判通りの打撃力でチームに大きく貢献しています

パワフルな打撃から、バリ−・ボンズ選手の打撃に似たスイングを見せてますよね。

高校1年春の岩手大会で2打席連続ホームランで、現在もホームランを量産してます。

春には甲子園を壊すほどの大暴れを期待します!!

③九州国際大付(福岡)

九州国際大付は、圧倒的な展開で九州大会を勝ち上がり

神宮大会ではその破壊力を見ることができず残念でしたが、

1年生で4番の佐倉 侠史朗くんはホームランを打って存在感がありました。

佐倉くんは、フォームが独特でルーティン順をみてわかるとおり、バットを高く掲げて足を大きく踏み出しますが、ダイナミックな打球を放つことができます。

④広陵(広島)

広陵のボンズと言われる1年生で強打者の真鍋 慧くんの打撃力に要注目です!

神宮大会の決勝では、大阪桐蔭相手に15安打7得点をあげています。

大阪桐蔭と競り合う展開を期待してしましますよね。

スポンサードリンク

選抜高校野球2022の世間の展望・優勝予想!優勝候補は?

パソコンの中にネット世論の文字

最後に、世間がおもう優勝予想、優勝候補をみてみましょう。

今年の予想の声が少なかったので昨年の予想を見てみます。

昨年は大阪桐蔭の予想が多かったですね。

そして2022年も関西勢のチームが優勝予想として多く入っているイメージです。

しかし予想とは違った展開になるのも、高校野球の人気の理由だと感じます。

スポンサードリンク

選抜高校野球(春の甲子園)2022年の注目選手は誰?

マウンドに立つ高校野球の投手

注目選手は、神宮大会で活躍を見せた1年生4人です。

佐々木くん・真鍋くん・佐倉くん・前田くんの1年生4人ですね。

まとめると、

佐々木 麟太郎(花巻東)
求 航太郎(東海大相模)
石川 ケニー(明秀日立)
マーガード 真偉輝 キアン(星稜)
上加世田 頼希(敦賀気比)
海老根 優大(大阪桐蔭)
別所 孝亮(大阪桐蔭)
川原 嗣貴(大阪桐蔭)
前田悠伍(大阪桐蔭)
松尾 汐恩(大阪桐蔭)
戸井 零士(天理)
山田 陽翔(近江)
森下 瑠大(京都国際)
佐倉 俠史朗(九州国際大)
真鍋慧(広陵)
麻原 草太(クラーク国際)

個人的に、ドラフト候補になりそうな選手をまとめましたが

BIG4(佐々木くん・真鍋くん・佐倉くん・前田くん)が有力だと思います!

センバツはチーム力も必要な大会なのでどんな結果になるかワクワクです!

スポンサードリンク

選抜高校野球2022の展望!優勝予想・候補!注目選手でイケメンは誰?まとめ

グラウンドに転がる野球ボール

選抜高校野球2022の展望!優勝予想や優勝候補!

注目選手も調べてみましたが、いかがだったでしょうか。

あなたが優勝予想した高校は入っていたでしょうか。

今年もレベルの高いプロ注目選手が多いなと感じます。

ドラフト候補の選手もたくさんいましたね。

他のスポーツでもさらに変異した新型コロナウィルスによる影響が

でているということなので、大会最終日まで何が起こるかわからないです。

今年の春は声援をとばして盛り上がりましょう。